"Android ネイティブライブラリビ ルド Tips" on "Trick or Treat" (TechBooster新刊)

10/8の技術書典5が近づいてきて、例によって台風が押し寄せてきて、スタッフ業がてんやわんやしていますが、進捗どうでしょうか? 最悪でも致命傷で何とかすませたいところですネ。 さて先日のエントリではわれわれのサークルの新刊のお知らせを出しましたが…

Awesome Xamarin (技術書典5新刊情報)

無職になっても生活が在職時とほとんど変わらないatsushienoです。それって単に給料が入ってこなくなっただけじゃないか…?自由な生活たのしい!!!1 戯言はさておいて、9月は多くの時間を10/8の技術書典5に向けて費やしていました。そのうちのひとつは今日お知…

"language server protocol explained" at COSCUP2018

台湾でおそらく一番でかいオープンソースのカンファレンスCOSCUP 2018でlanguage server protocol (LSP) explainedというセッションをしてきたので、その辺に関係する話を軽く書きます*1。当日は英語のセッションなのに30-40人くらいの人に来てもらえたので…

Leaving Microsoft

7月30日を実質的な最終出社日としてMicrosoftを辞めることにしました。と言っても「出社」なんてしていないので*1、業務でXamarinの開発に携わるのはこの日が最後だった、という意味合いです。社員としての最後のcommitはコレになることでしょう。 プロジェ…

GitHubの買収とオープンソースコミュニティについて

6月2日にmicrosoftがgithubを買収する噂が流れて、3日には確定情報として流れて、4日には正式発表があった。これに対しては歓迎する声から悲しむ声、非難する声などさまざまな反応があった。この反応の一部が、どちらの方向についてもあまり良くないと思って…

Xamarin最新情報2018 (de:code2018) の補足情報

de:code2018が何とか終わりました。イベント自体にいろいろ問題はありましたが、とりあえずそれはおいておいて、わたしのセッションに来ていただいた方はありがとうございました。 スライドはこちらで公開してあります(イベント事務局側でも録画とpptを公開…

Xamarin最新情報 2018(仮) @ de:code 2018

技術書典4が終わって放心状態で過ごしているatsushienoです(参加してくださった皆さんありがとうございました)。MonoDevelop本がまあまあ売れて、MML本は完売した上に電子版も売れてくれて赤字にならずに済んだので喜んでおります。まあ次は日常のコーディ…

技術書典4新刊によせて

はいどーも! atsushienoです。今回は技術書典4の新刊のお知らせです。 Xamarin Mythbusters / MonoDevelop Masters Book 技術書典4におけるサークルXamaritansはき01、新刊はXamarin Mythbusters / MonoDevelop Masters Bookです。 techbookfest.org 見本ペ…

NuGetパッケージが不要なnetstandardパッケージをずるずると追加する問題

Xamarin.AndroidやXamarin.iOSでNuGetパッケージを追加していると、たまに膨大な.NET Standardのパッケージが追加されて「は?」ってなることがあると思います。具体的にはNewtonsoft.Jsonとか。 こいつら実のところゴミなんです。いらないんです。しかもゴミ…

DroidKaigi 2018 Embeddinator-4000セッションの事前資料

2/6追記: スライドも事前公開した。 speakerdeck.com DroidKaigi 2018でEmbeddinator-4000のセッションをやることになったので、セッションスライドを書きながら、どんな話をして、どんな話をしないか、どのへんがまだ検討中なのか、といったことを、一般参…

1/27: .NET Fringe Japan 2018(新年会)をやります

今週末、1/27なのですが、2016年以来の.NET Fringe Japanの勉強会を行います。 dotnetfringe-japan.connpass.com 前回みたいなガチガチの深いセッションばかりにはならないので*1「新年会」というゆるふわな名前を鈴木さん @yukitos が設定されたのですが、…

2017年とは何だったのか

気がついたら2017年ももう終わろうとしています。1年間、ずいぶん自分の意図とは違うことをやっていたような気がしていて、違和感の正体を探る意味でも振り返りが必要であるように思いました。 Xamarin系同人誌(と商業出版) 自分でも振り返っていて驚いた…

Kotlin/Native解説 -at- C93:Androidモダンプログラミング

最近twitterなどでもKotlin/Nativeについていろいろ発言していたので何となく察していたという人もいるかもしれませんが、C93(冬のコミックマーケット)のTechBooster新刊「Androidモダンプログラミング」に、今年の春にリリースされて秋にkotlinconfで注目…

2017年の終わりに感謝する作品集

クリスマスから年末にかけて書いている恒例のエントリです。atsushienoが今年よく聴いた・見た・使った作品を書き連ねて感謝の念を示すものです。例によってatsushienoが「今年知った」ものであって「今年公表された」作品とは限りません。(2016年版) 音楽…

libsoundio-sharpとPInvokeGeneratorについて

このエントリはC# Advent Calendar 2017の7日目のエントリです。6日目のあめいさん @amay077 のエントリからのバトンを引き継いでいます。 まえがき .NETエコシステムに圧倒的に足りないもののひとつが、クロスプラットフォームのサウンド系APIです。サウン…

Extensive Xamarin @ 技術書典3

こちらではだいぶギリギリの告知となってしまいましたが、10/22(日)の技術書典3で、Xamarin周辺コミュニティの何人かの方と一緒に、Xamaritansの名前で(これいつまで使うんだろ)同人誌の新刊を出します。 techbookfest.org サークル配置番号は「お-13」、…

iOSDC2017に参加してきた

オマエiOSやらないじゃん?というかそもそもモバイルアプリケーションを開発するやつじゃないじゃん?という感じだけど、iOS開発ツールやObjC/Swiftについては調べたり書いたりすることもあるし(今は技術書典3向けの原稿に書くためにいろいろ調べるフェーズ)…

D8コンパイラをXamarin.Android(d15-5以降)で使う

今からだいたい1ヶ月前に、Googleが新しいDexコンパイラd8を紹介していました。 android-developers.googleblog.com d8はAndroid SDKの既存のツールで言えばdxに相当する機能を実装しています。dxはJava bytecode (*.class)をDalvik bytecode (*.dex)に変換…

Essential Xamarinが"技術書典シリーズ"のひとつとして刊行されます

少し前にお知らせしていたことですが、われわれのXamarin同人誌「Essential Xamarin」が、9/1にインプレスR&Dさんから出版されます。 prtimes.jp 商業化したということで、販路が広がって、Kindle版も出ています*1 https://www.amazon.co.jp/dp/B07539YT44/w…

安全なビルドタスクとクリーンタスクを実装するために気をつける点

ビルドシステムを使いこなすのは難しい。この場合「使いこなす」とは、Visual StudioでF5を押してビルドしたり、メニューから「クリーン」を選んで実行する、程度の内容ではなく、ビルドタスクを記述して他のユーザーに自分以外の開発環境でビルドを期待通り…

技術書典3向けXamarin同人誌の執筆者を募集します

あの技術書典が今秋にも行われることになりました。 techbookfest.org そういうわけで、技術書典2の時と同様に、サークル参加してみようと思います。前回はおっかなびっくりいろいろ手探り状態で進めていたわけですが(それでもTechBoosterなどを見ていたの…

Android Architecture Components for XamarinのProof of Concept実装

表題のようなものをproof of conceptとして作成したので出しました。 www.nuget.org 実質2日程度の成果で、基本的にはまだ使い物になりませんが、Lifecycleの雰囲気を味わうことくらいはできます。あ、Roomのサポートは実装していません。ORMはJava方面でも…

6/24ジェネリクス勉強会資料(またはmonoランタイムのrgctx/gsharedvtについて)

6/24に行われたジェネリクス勉強会で、珍しく(?)ランタイムよりのトピックでジェネリクスについて語るセッションを担当した。generics on Xamarin productsという題目である。 connpass.com ジェネリクスに関連するトピックなら何でもありという勉強会で、結…

Essential Xamarin: postmortem

今年は珍しくGoogle I/Oに来ています。いろいろ聞く準備が出来ていなくてあかん… さて、技術書典2/超技術書典で販売していたEssential Xamarinについて、いくつかお知らせがあるので、ついでに(?)技術書典へのサークル参加の事後的な情報も含めて、書いてお…

(お知らせ) Xamarinを支える技術 at de:code2017

こんにちは、「ゴールデンウィークがあと1ヶ月続けばいいのに」とついうっかり書いたばかりに、そのGW中にチーム全体がリストラされることになった6年前を思い出しているatsushienoです。ホント、GWがあと1年くらい続けばいいのに。 さて今日は軽くお知らせ…

Essential Xamarin -at- 技術書典2 -and- 超技術書典

昨年6月に開催された技術書典が、今年は数倍の規模になって帰ってきます。 techbookfest.org 昨年はTechBoosterのAZ異本 grimoire of AndroidにXamarin.Android SDKの解説を寄稿しただけ(!?)でしたが、今年はXamarin同人誌を発行してみようよ、とtwitterで呼…

Deemo 2.0の聖地を巡礼した話

Deemoという音ゲーがある。台湾のゲーム開発会社Rayarkの、代表作と言ってもいいと思う。主としてピアノ曲で構成された楽曲に合わせて「ピアノを弾く」類の、ルールの簡単なゲームで、音楽の美しさと、背景にある不思議な世界観のストーリーとグラフィックス…

Xamarin.Forms本 邦訳読書会について

以前JXUGのイベントのどれか(多すぎて忘れちゃった)でちょろっと告知したことがあったと思いますが、Charles PetzoldがXamarinにjoinして執筆している Creating Mobile Apps with Xamarin.Forms(以下「Forms本」) の日本語訳作業が進行しています。現在…

楽器を作ろうハッカソン

年末からこんなに連続投稿していて、どうしちゃったんだろうわたしもうすぐ氏ぬのかなみたいな感じになってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 そんなわけで(?)、今日はイベントの直前告知(!)です。RasPiなどを使って楽器などをハードウェアハッ…

技術書典2でXamarin本を出そう

昨年2016年の6月に行われた技術書オンリーの即売会イベント技術書典が、今年2017年の4月にまた開催されます。 techbookfest.org 前回の技術書典の成果については、こちらに詳しくまとめられています。これを見るに、次の技術書典2では、Mono/Xamarinだけでも…