読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamarin.Forms本 邦訳読書会について

以前JXUGのイベントのどれか(多すぎて忘れちゃった)でちょろっと告知したことがあったと思いますが、Charles PetzoldがXamarinにjoinして執筆している Creating Mobile Apps with Xamarin.Forms(以下「Forms本」) の日本語訳作業が進行しています。現在、藤原さん(@yfakariya)とわたしがほぼ半々ずつ監訳するという感じで進行しています(ここまでの実績に基づく予想値)。

ただ、原著が1200ページくらいある大作なので、ごくわずかな監訳リソースで見ていると、それなりに不安感があります。そこで、Forms本の進行中の訳本の原稿をもとに読書会を開いて、希望する人に読んでもらい、何かしらのコメントやフィードバックをもらえたらもらおう、というのを思いついたので、発行する日経BPさん、それと監訳チームのひとりである田淵さん(@ytabuchi)にご協力いただいて実現することになりました。

そういうわけで、これからしばらく、多分半年弱くらいの間、20章以上を十数回にわたって読み解く読書会をやろうと思っています。かなりの回数になるので、たぶん週1回くらいやることになると思います。紙に印刷した訳本の一部をお渡しして、それを読んでいただくことになる予定です。

そこで、まず参加者を募集したいのですが、いかんせん勉強会の内容の性質から、人数は多くても10人弱、そしてメンバーはなるべく固定しない(主にわたし、たまに田淵さんがホストするところだけ固定)、参加者はわたしが諸々考えて調整させていただく、という運用を想定しています。(実際に参加者が多く集まらなければ、実質的に固定メンバーになる可能性もあります。) ベテランの視点も重要ですし、初心者の観点でもコメントをもらえればいいと思っているので、Xamarin.Formsに技術的な関心がある方、という以上の条件は今のところ考えていません。

開催日時は、第1回のぶんから未定なのですが、今のところ「水曜・木曜の19:00くらいから」を想定しています*1。一応、毎回connpassあたりにイベントを立てようと思っています。

会場については、少し奇策を考えています。オフィスの会議室などをお貸ししていただけるところを転々としたいと思いつき、実際にいくつかの場所はお借り出来そうなので、試しにそれで回してみようと思っています。わたしが東京にいるので、だいたい東京開催になると思います(ごめんなさい)。書いていて思ったけど地方巡業するのもいいな…(!) あと、この勉強会を開催するために会場をお貸しいただける会社さんなどありましたら、ぜひご相談させてください。

というわけで、近々イベントを乱立(毎週分)させようと思っています。twitterで @atsushieno から告知しますので、そこでチェックしてくださいませ。

1/12追記: イベント登録を始めました。各回ここから辿れると思うので、チェックしてみて下さい。

xamarinformsbookreading.connpass.com

*1:ノー残業デーが多そうな水曜を主に想定しつつ、曜日を固定すると参加できない層のために木曜も考える、という感じです